杉浦内科クリニック 名古屋市 昭和区 睡眠時無呼吸 いびき 禁煙 名古屋市 昭和区 内科 呼吸器科 睡眠時無呼吸 生活習慣病 禁煙 杉浦内科クリニック
お問合せ
睡眠時無呼吸の治療方法
HOME
院長紹介
当院の概要
診療科目
気管支喘息
COPD(慢性閉塞性肺疾患)
睡眠時無呼吸症候群とは?
生活習慣病との関係性
初診から診断までの流れ
睡眠時無呼吸の治療方法
自己診断チェックシート
交通案内
リンク
検査入院できます
睡眠時無呼吸症候群の検査について
詳細はこちら→
 
自己診断チェックシート
あなたも睡眠時無呼吸症候群かも?
該当項目がないか確認してみましょう。

確認してみる
 
 
ご案内
  杉浦内科クリニック
睡眠呼吸センター(併設)
  住所:〒466-0833
 名古屋市昭和区隼人町8−3
TEL:(052)861-3511
診療科目
内科・呼吸器科・睡眠時無呼吸症候群
交通機関
当院へおこしの際は、できるだけ公共交通機関をご利用ください。
地下鉄鶴舞線「いりなか」駅下車
杁中交差点南へすぐ
交通機関・地図詳細へ
 
  1.どのような治療があるの?   2.生活習慣の改善
 
どのような治療があるの?
SASの治療法は大きく分けると、
・CPAP(シーパップ)
・歯科装具(マウスピース)
・外科的手術
に分けられます。患者さんと相談しながら最適な治療法を考えていきます。
 
CPAP(シーパップ)
CPAPとは、Continuous Positive Airway Pressure(経鼻的持続陽圧呼吸)の略です。SASの治療法の中ではもっとも有効性が高く、安全な方法です。鼻マスクから一定の圧力で空気が送られ、睡眠中に喉がふさがってしまうのを防ぎます。治療を成功させるために、睡眠ポリソムノグラフィー検査をしながら空気圧設定やマスクの選定を行います。劇的な効果が現れる方もいて、次の日から効果が実感できる場合もあります。
歯科装具(マウスピース)
下あごを数mm前に突き出して噛み合うようにしたマウスピースを作成します。こうすることで咽頭部が広がり、喉が塞がるのを防ぐことができます。
外科的手術
肥大した扁桃腺や軟口蓋(咽喉の奥の肉ひだ)を手術で切り取ります。
その他、肥満の方は痩せるだけで無呼吸が軽くなります。また横向きに寝ることも有効です。
生活習慣の改善
SASの方は慢性的に酸素不足になりやすく、睡眠もしっかり取れないことが多いので、体内での糖や脂質の代謝に異常を起こしやすくなります。そのため、糖尿病・高脂血症・高血圧症などにかかりやすくなったり、すでにかかっている人はさらに悪化したりします。また、これらの生活習慣病を持っていると肥満になりやすく、肥満の方は気道をふさぎやすくなり、SASを引き起こしやすくなります。
このように、SASと生活習慣病は密接な関連があり、食事療法や運動療法を取り入れていくことは重要といえます。
また、飲酒や喫煙は上気道の筋力を弱めることがあり、SASを悪化させますので、これらの制限を行います。睡眠薬でもSASを悪化させるものもあります。睡眠薬を使っている方はお薬をお持ちください。また、逆にSASを治療することで睡眠の状態が改善し、睡眠薬が必要なくなる方もいます。
 
生活習慣病との関係性についての詳細はこちら
生活習慣病との関係性
TOP